2020-02-20から1日間の記事一覧

矛盾した性格

『社会学者の見たマルクス その生涯と学説』フェルディナント・テンニース マルクスの人となりと作品とを特別の関心を持って研究しようとするならば、メーリンクによるマルクスの伝記を細部までしっかりと学びとる必要がある。そうすればまた、マルクスの人…

世の中のためにつくす

『革命家マルクスとイェニー』土屋保男 「世の中のためにつくす」――マルクスは、一七歳の高校生のときに書いた卒業論文『職業の選択についての一青年の考え』のなかで、このことを人間の最大の使命であるとのべています。そして、あらゆる困苦欠乏を耐えしの…

木材盗伐問題

『青年マルクス論』廣松渉 平凡社ライブラリー 木材盗伐問題とモーゼル地方の葡萄栽培農民の窮状を扱ったことによって、社会・経済的問題に当面したこと。木材盗伐取締の問題は、旧来、慣習として認められてきた枯枝採取権の剝奪ということが焦点になったが…

人権の理念

『人権の歴史』ミシェリン・R・イシェイ 冷戦の終焉は、自由主義が、人権に対する社会主義の挑戦に勝利したことを象徴すると、広く考えられている。しかし、自由主義に基づいて形成されたと今日考えられている人権の理念は、実際は、一九世紀の産業化の過程…