2020-02-22から1日間の記事一覧

フーリエ

『空想から科学へ マルクス・フォー・ビギナー②』エンゲルス だがフリエがもっとも偉大な姿で現れるのは、社会の歴史についての彼の見解においてである。彼はこれまでの歴史の全行程を、野蛮、家父長制、未開、文明という四つの発展段階に分けている。この最…

理性の国

『空想から科学へ マルクス・フォー・ビギナー②』エンゲルス フランスできたるべき革命のために思想上の準備をした偉大な人物たちは、彼ら自身がきわめて革命的に行動した。どんな種類のものでも、外的な権威というものを、彼らは認めなかった。宗教に、自然…

3人の空想的社会主義者たち

『空想から科学へ マルクス・フォー・ビギナー②』エンゲルス 解説 浜林正夫 フランス革命が生みだしたものは、けっして啓蒙主義者がいうような「理性の国」ではなく、大資本や大地主が支配する搾取社会であった。小市民や小農民たちの「所有の自由」は失われ…