2020-02-27から1日間の記事一覧

十八世紀の秘密外交史

『十八世紀の秘密外交史』マルクス 解説 石堂清倫 ここに紹介するマルクスのロシア史研究は、数多い彼の著作のなかでも、もっとも不運なものといわなければならない。ロシア革命いらい、「社会主義の祖国」ソ連では、マルクス-エンゲルスの著作は大小となく…

面白かったけど、幸せじゃなかった

『人形の家』ヘンリック・イプセン 劇書房 ヘルメル ノラ、いったいどうしてそんなわけのわからない、恩知らずなことが言えるんだ? きみはここで幸せだったんじゃないのか。 ノラ いいえ、一度も。幸せなんだと思ってた。でも、一度も幸せだったことはない…

人形の家

『人形の家』ヘンリック・イプセン 劇書房 解説 坂口玲子 『人形の家』(一八七九年)が、初演当時の人々に大きな衝撃を与えたことは、あまりにもよく知られている。そのころ、妻が夫や子供を捨てて家を出るという結末は、道徳的にも宗教的にも社会的にも、到…