2020-09-28から1日間の記事一覧

不文法はすべて自然法である

『世界の名著23 ホッブズ』 不文法はすべて自然法である 第一に、もしあらゆる国民を例外なく義務づけてはいるが、文書に書かれてはおらず、それを知りうるところに公布されてもいない法があるとするならば、それは自然法である。他人のことばではなく、各人…

伝統的制度観から絶対主権論へ

『一七世紀イギリス憲法思想史』安藤高行 ホッブズは周知のようにその全体がクック論ともいうべき『哲学者とイギリスコモン・ロー学者との対話』や、『法学要綱』、『市民論』、『リヴァイアサン』、『ビヒモス』等の主要著作において、直接、間接にクックを…