2020-11-05から1日間の記事一覧

個人主義的アナキズム(リバタリアニズム)は成り立たない

『チョムスキーの「アナキズム論」』ノーム・チョムスキー はじめに バリー・ペイトマン ウッドコックによれば、チョムスキーは(ゲラン同様)自分のマルクス主義思想をソフトにかつ浄化するためにアナキズムを利用しようとする左翼マルクス主義である。チョム…

二つのアナキズム

『チョムスキーの「アナキズム論」』ノーム・チョムスキー ――こうした先例はリバタリアン思想の適用可能性が産業革命以前の段階――技術や生産がとても素朴で、経済組織がどちらかといえば小規模でローカルな田園社会を前提にせざるをえなかった段階にとどまっ…

リバタリアニズム

『正義とは何か』神島裕子 小さな政府の思想――リバタリアニズム ロールズの『正義論』はリベラリズムの枠を超えて大きな影響力をもちました。「今や政治哲学者たちは、ロールズ理論の内部で仕事をするか、さもなければなぜそうしないのかを説明しなければな…