2022-01-19から1日間の記事一覧

本間雅晴中将

『図解 大日本帝國陸軍』堀場亙 本間雅晴の人物伝には、つねに光と影が付きまとう。 光は言うまでもなく、フィリピン攻略の司令官として。 そして影は、そのフィリピン攻略の結果として生じた「バターン死の行進」の首謀者としてのレッテルだ。 今でこそ「バ…

先入主

『もう一つの戦後史』江藤淳 だが、だからといって私は、戦後の一般的風潮にしたがって、陸軍だけが悪者だったという先入主に、無条件で追随するわけにはいかない。私の身内に、海軍に縁の深い者が多いという行きがかりを顧みれば、なおさらのことである。ク…

敗戦の歴史

『もう一つの戦後史』江藤淳 それはひとつには、敗戦の歴史をたどり直すという辛い仕事を自分に課した者として、一人の人間に許されている範囲で、できるだけ公正を期さなければならないという、私自身の心がまえの問題でもあった。どんな歴史家といえども、…

対照

『もう一つの戦後史』江藤淳 この番組には、談話を求められて、私も短時間顔を出していたが、放送の当日防衛庁戦史室の場面を見ているうちに、そこに集まった旧陸軍軍人の舌鋒の鋭さと旧海軍側の沈黙との対照のはなはだしさに、私は強い印象を受けた。なかで…

三光作戦をやっていたのは中国軍

『南京の実相』日本の前途と歴史教育を考える議員の会 監修 また、「南京大虐殺」があったとする1937年12月から1938年1月末までの「タイム」、「ニューヨーク・タイムズ」の記事の収集も対象です。 「ロンドン・タイムズ」のマクドナルド記者はまさに「大虐…

「証拠写真」として通用する写真は一枚もなかった

『南京事件「証拠写真」を検証する』東中野修道 小林進 福永慎次郎 憎悪の感情の連鎖反応を断ち切るために 検証が終わった今、私たちは次の三点を結論とする。 一つは、日本軍が南京で六週間にわたって、大量虐殺、強姦、放火、掠奪をしたという「証拠写真」…

【BBC】 南京大虐殺は「伝聞証言だけ」 田母神俊雄氏

www.youtube.com