2022-06-06から1日間の記事一覧

アメリカの代理戦争

『ウクライナ紛争 歴史は繰り返す』馬渕睦夫 以上で明らかになったように、支那事変とは日本と中国の間の戦闘ではありませんでした。日本と中国(蔣介石政府)、および蔣介石政権を軍事的、資金的に支援していた米英との戦闘だったのです。 さらに、ソ連コミン…

国共内戦でのおかしな動き

『ウクライナ紛争 歴史は繰り返す』馬渕睦夫 第二次世界大戦終了後、蔣介石軍と毛沢東軍との間で国共内戦が始まりました。解せないのはアメリカの動きでした。アメリカのキーパーソンは、ジョージ・マーシャル将軍でした。マーシャル将軍は蔣介石の軍事顧問…

中国を共産化したかった

『ウクライナ紛争 歴史は繰り返す』馬渕睦夫 「アメリカは最初から日本と中国が戦争を止めるのを阻止しようとしていた」としか考えられません。アメリカは蔣介石に対して、とにかく日本と和平をせずに戦い続けるよう圧力をかけ続けました。同時に、延安の毛…

米国が蔣介石を使嗾していた

『ウクライナ紛争 歴史は繰り返す』馬渕睦夫 ちなみに、蘆溝橋事件は中国共産党が、第二次上海事変はドイツ軍事顧問団の支援を受けた蔣介石が仕掛けたものです。わが国は居留民保護のためにも増派しましたが、南京攻略の前に蔣介石に対し和平を提案したので…

アメリカはソ連を支援していた

『ウクライナ紛争 歴史は繰り返す』馬渕睦夫 私は「アメリカがソ連共産主義の実情を誤解していた」とか、「アメリカから遠く離れた地域の出来事なので関心がなかった」などという弁護を聞きたくありません。アメリカはソ連の実情を正しく理解して、ソ連の侵…