公職追放とは

『日本人の誇り』藤原正彦

 公職追放は二十五万人以上
 罪意識扶植計画に協力的でない人間は公職追放されたり圧力を加えられたりしました。公職追放とは政府や民間企業の要職につくことを禁止することを意味します。GHQは早々と一九四六年(昭和二十一年)の一月には公職追放令を作り、戦争犯罪人、戦争協力者、大政翼賛会などの関係者が追放され、翌年にはさらに、戦前、戦中の有力企業の幹部なども対象になりました。
 「お天気博士」として国民に親しまれていた私の大伯父の藤原咲平は戦前から東大の物理学教授や中央気象台長をしておりましたが、一九四七年に公職追放になりました。
 気象は軍事作戦に密接に関係します。大伯父は日本人として全力をあげて軍部に協力しました。アメリカ本土を世界で初めて爆撃することとなった風船爆弾の研究まで積極的にしました。千葉や茨城の太平洋岸で上空に放たれた直径十メートルの爆弾付き風船は、ジェット気流に乗って数日後に米本土に達し、そこで落下するように設計されていました。大伯父はこれがジェット気流のある高度一万メートルを保って飛ぶように工夫したのです。風船爆弾は一万個近く作られ、そのうちの一割ほどが米本土に到達したようです。向うでは原因不明の山火事や人間の殺傷というケースまで発生しましたから、米政府はパニックを防ぐため極秘にたほどです。
 先述の鳩山一郎石橋湛山も追放されました。何しろ衆議院議員の八割が追放され、政財界、言論界の有力者の大半が消えたばかりか、追われた者は合計二十五万人以上にまで達しました。この結果、日本の中枢を占めていた保守層が去り一気に若返りましたが、その穴を埋めた者は必然的に左翼系やそのシンパが多くなりました。特に学校などでは顕著でした。(p79)