核心的利益とは

『日本支配を狙って自滅する中国黄文雄

 最近やっと日本のマスメディアに出てきたのが、中国の「核心的利益」という言葉だ。この核心的利益というのは、中国にとって絶対に一歩も引けない、妥協の余地のない利益のことであり、たとえ核戦争までやっても譲らない一線を意味する。そして、最近はこの解釈が、どんどん広がっている。
 少し前には、チベットウイグルと台湾は中国の核心的利益であり、絶対に一歩も譲れない、ということになっていた。それが今では、南シナ海東シナ海も核心的利益だと言い出した。この言葉は政府が公式に言っているわけではないが、しかし、中国の政府系メディアはさかんに使用するようになってきている。
 いずれ沖縄も日本も太平洋も、中国の核心的利益だということになる可能性がある。(p160)