トランプ米大統領、反ファシスト「アンティファ」をテロ組織に指定すると発言

トランプ米大統領、反ファシスト「アンティファ」をテロ組織に指定すると発言
https://www.bbc.com/japanese/52873099

f:id:nyatarochan:20200620151032j:plain

ドナルド・トランプ米大統領は5月31日、反ファシズム運動を展開する「Antifa(アンティファ)」をテロ組織に指定すると発言した。トランプ氏は、黒人男性が白人警官に殺害された事件を受けた抗議活動が、アンティファのせいで暴動に発展したと非難している。


共産主義以外はすべてファシズム極左暴力集団アンティファの正体とは
https://www.epochtimes.jp/p/2020/06/57721.html

アンティファ(Antifa)は反ファシスト(アンチ・ファシスト)の略称で、指導者や本部はなく、同じ理念でひそかに集まる人々による実体がない組織である。賛同者たちは緩やかなネットワークでつながっているため、参加人数を確認することは難しい。

メンバーの多くは社会主義者無政府主義者共産主義者または反資本主義者だと自称している。イタリアとスペインのアンティファは共産主義を掲げている。

アンティファは欧米、特にアメリカを中心に活動している。アメリカでは複数の州のメンバーらが定期的に会合を開いている。参加者は若者が圧倒的に多く、街頭闘争に非常に熱心であり、異なるイデオロギーに対して暴力を振るう傾向がある。


この組織はもともと、ソビエト連邦がドイツで共産党政権を実現するための統一戦線作戦の一環であり、すべてのライバル政党や組織には「ファシズム」というレッテルを貼ろうとしていた。統一戦線政策は、共産主義革命を扇動するために左派の諸勢力を結集させることだった。

1920年代から、ソビエト連邦では、ドイツ共産党を含むコミンテルンとその系列政党は、資本主義社会全体および事実上の反ソビエト、反共産主義の活動や見解を表すには、「ファシズム」という代名詞を使用していた。

ドイツ共産党は1932年5月26日、機関紙「Die Rote Fahne(赤旗)」で「反ファシスト運動(アンティファ)」の結成を正式に発表した。同運動を「唯一の反ファシスト政党—ドイツ共産党の指導下にある赤い統一戦線」と表現した。


フォード財団や米投資家のジョージ・ソロス氏など左派リベラル系の財団が後援するNLGは、アンティファ運動を支援するための訴訟や広報活動を積極的に引き受けている。

ソロス氏は1997年のアジア金融危機をはじめ、世界金融市場を大きく撹乱した。2017年9月、ホワイトハウスの陳情サイト「WE the PEOPLE」では、「ソロス氏を国内テロリスト(domestic terrorist)と認定するよう」求める請願書に、10万人以上が署名した。