私の回想

『F機関 アジア解放を夢みた特務機関長の手記』藤原岩市

 私の回想  INA GENERAL モハンシン

 四〇年もの昔、私が藤原岩市少佐(現在中将)と相携えて乗り出した危険ではあったが堂々たる冒険、そしてその間共に獲ち得た成果、共に分かち合った失敗の数々など、彼との結びつきの思い出や、又我々の愛国的闘争において結局体験が余儀なくなれた屈辱さえも、今となっては私の生涯で最も素晴らしい一齣となってしまった。
 藤原少佐は、北部マレイのジャングルに私を訪ねて来た最初の日本軍将校であった。共同作業開始後、日ならずして我々両者の間に完全な相互理解の誕生を見たのだが、第二次世界大戦中(一九三九~四五)我々がインド独立のため、極東において発足させた一大政治運動の檜舞台の中心へ私を押し出した日本軍機構の主因となったのも彼であった。そして又、我々両人の制御外にあった不可思議な運命の魔手によって、私が忘却の暗黒界へ葬り去られようとした時、私を訪れた最後の客人は、なんの因果の巡り合わせか、ほかならぬ彼であった。
 最初に私が彼と会った時、彼の顔面は大きな希望で輝いていた。だが、最後に会った時の彼は、苛酷なまでの幻滅と悲哀、そして落胆にさいなまれた形相で、顔は止めどなくほとばしる涙で覆われていた。傑出した人物との出会いで、最初と最後の印象は、我人生の中で忘れ難い重要なものである。私にとってこれらの印象は特に重要なもので、私の心の目にはいつも生き生きと残っている。……最初の印象は非常な楽しみと、うれしい驚き、最後の印象は強烈な悲壮と、いじらしい光景であった。
 最初の会見は、アロルスターから数哩へだてた小さな町クアラナラン近傍のジャングルの中で行われた。一九四一年十二月十四日の午後、私がクアラナランのサウダガル・デン氏を通じて日本軍司令部へ送った文書に対する返答として、藤原少佐が護衛もなしに、単にギアニ・プリタム・シンと大田黒両通訳と土持大尉を帯同して私を訪れた。最初ギアニ・プリタム・シンが私に自己紹介し、ついで藤原少佐を私に紹介した。私達の出会いは、あたかも我々はお互いに旧知の仲であり、大の仲好しででもあるかのようなものであった。一方は日本軍の将校、他方は英陸軍の将校、二人の心なごむ会見と会同は、結局インド国民軍の誕生という大きな結果をもたらす前触れとなったのである。
 当時の我々は三〇を僅かに過ぎた若輩で、横溢する愛国の熱意と冒険心をかかえ、光輝ある大戦のためには生死をかえりみず凡ゆる危険を冒す用意があった。我々両人の意気は、愛国の信念と計画、希望と計画、それに歴史的冒険の夢ではち切れんばかりに満ちていた。私自身にとって、……後日想起したのだが……我々の初対面は、奇しくも一年前の同日私の結婚式が挙行された縁起のよい日、しかも正確に同じ時刻に行われたのであった。結婚が私の人生の転機であったように、私の藤原少佐との出会いと心の統合は、その後私の人生全行路に図らずも徹底的変化を招来する触媒現象的効果をもたらしたのであった。だが、この変化は確かに紆余曲折の伴った運命ではあったが、私はこれまで決して後悔はしなかったし、事実私は現在の立場に幸福を感じている。
 私はこの会見後間もなく、部下五〇名を伴いアロルスターへ移動した。藤原少佐は、われわれとの折衝を目的とするF機関と呼称する機関を創設した。私の部下は "F" の一字を冠した腕章を支給された。そして暫時にして、我々は当初から日本軍の一部ででもあるかのように、彼等と極めて密接な協同作業に従事することになった。まず、我々の司令部を設置し、新しい環境になじみ、そしてアロルスター市に法と秩序をもたらし、平和回復のため日本兵に加勢した。
 藤原少佐は情勢の変化に至極幸福感を味わっているように見受けられた。彼の顔面には、あたかも将来の夢の車輪が毅然としたレールの上に乗ったかのように、精神的満足の笑みをたたえていた。我々は夜間長時間協議に時を過した。
 私は今でもはっきりと記憶しているのだが、会談が開始されて間もなく、私は少佐に対し「あなたの人生の中で最上の念願は何ですか」と問い尋ねたところ、少佐は間髪を入れず「日本陸軍の将校として、私はいつも最高の死に場所を探しているのだが、今ではインドの自由獲得闘争で死ぬのが私の最高の念願です」と答えられた。この彼の言葉は、政治家共通の常用語と異なり、彼の心底からの発言であり、私は深く感動を覚えた。
 私達の討議は一週間以上連続に行われ、その間、インド国民軍の編成、東洋におけるインド独立運動の開始等に関する数々の微妙な点が友誼的に解決された。その間私は少佐に対し、当時ドイツ滞在中のスリ・スバス・チャンドラ・ボースを東洋に迎え、この運動の指揮を仰ぐことの重要性を執拗に強調した。
 私は討議を続けている間、彼は知的で機敏、臨機応変の才に富み、しかも情報に頗る精通した青年将校の印象を受けた。その上彼は開放的で、高慢と偏見の弊は聊かも持ち合わせていなかった。常に穏やかで平然とし、騒ぎ立てることなど一度もなかった。そして又、彼は相手の意見を同情的に評価する素晴らしい能力を持っていた。彼の極めて俊敏な洞察力は、口語の背後に潜む無音語の意味を解することが出来た。我々の眼に映る物の正体は、単にその物の形体だけによらず、それを観察する我々の位置と角度をも考慮に入れる必要がある。論点を異なる角度から偏見のない公平な態度で観察することの出来る彼の傑出した能力は、我々が逢着したいろいろな難問題に対し、何時も鮮かな解決をもたらした。私はその後多くの著名な日本人と会見し、重要事項に関して論議する光栄に浴した。しかし、現に私が何等誇張することなく言明し得ることは、私に最も強い感動を与えたのは外ならぬ藤原で、会見日ならずして我々相互間に深い信頼感と自信、そして理解が確立されたのは、すべて彼に帰するものであったということである。両者間の会談内容は藤原少佐から逐一山下司令官に報告された。司令官は問題に関する藤原少佐の役割と、その進捗状況について大変満足していた。或る日司令官が私を茶会に招待したい旨申し入れて来た。私は少佐とギアニ・プリタム・シンに伴われ、アロルスターの総司令部に到着した時、山下司令官は藤原少佐の正式な紹介を待たずに、直ちに父らしい愛情の籠った態度で懇ろに私を抱擁した。そして私が母国解放のため率先闘諍を決意したことを心から祝福すると同時に、この崇高な運動のために凡ゆる援助を惜しむものでない、と日本政府を代表して力強く約束してくれた。山下将軍がこのような態度と信頼をもって私を引見したのは、藤原少佐の事前準備によるものと容易に察知し得た。
 日本軍に協力するため私について来たインド兵達は、その頃敗残兵が各自の所属連隊を求めてアロルスター周辺のジャングルを放浪していたインド兵を収集するため、該地へ派遣された。日没には我々のキャンプの人員は約三〇〇名に増え、三日後には士官を含め千名以上に増強した。藤原少佐自身の不屈の努力によって、一九四一年十二月三十一日、山下将軍は麾下の全部隊に対し、日本軍の俘虜となったインド兵全員を私に引渡すよう命令を下した。この命令により我々の任務は大いに促進助長され、兵力は日々増強されるようになった。翌年一月クアラルンプール陥落時この数は五千を超え、二月中旬シンガポールが占領された頃は、将校を含むインド兵一万名がインド国民軍に参加した。同市の正式降伏は二月十七日に行われ、ハント大佐が英軍司令官を代表して四万五千名のインド軍将兵を日本軍代表藤原少佐へ引渡した。そこで少佐は、彼等を私に引渡し、同時にインド軍将兵を前に極めて感動的な演説をもって、彼等の母国解放のためインド国民軍に入隊するよう熱心に勧告し、日本政府は凡ゆる援助を惜しむものでない旨を保証した。彼の演説は極めて感動的なものであり、聴衆は又同等にそれを歓迎した。おかげで、私の演説も期待通りの効果を収めることが出来たのは言をまたない。
 一九四一年十二月中旬から翌年二月中旬シンガポール陥落までのマレイ、シンガポール全戦争期間、私は藤原少佐と日夜を共に過ごした。そして我々相互間に熱烈な友情と敬愛の念が生じ、言うなれば、離れ難い親友となった。国塚中尉と伊藤氏の両人が日本人通訳として常時私に所属することになり、私と起居を共にした。伊藤氏は当時十八歳位の青年で、責任感の強い気立のよい性格の持主であった。これら二紳士は何時でも直ちに我々の会談を通訳する任に当った。我々はほとんど毎日のように、何らかの新しい問題と取組まねばならなかった。我々両人の心境は、言うなれば、丁度火打ち石のようなものであって、意見の些細な摩擦は直ちに我々の行動線を補導する非常に心強い灯火と化するのが常であった。換言すれば、肉体的に分離した実在ではあったが、知的、感情的、精神的に我々二人は単体であった。我々の頭脳から発散する思考さえ一致していた。
 二人は非常によく働いた、が藤原少佐は私よりも尚一層激務に携わり、ギアニ・プリタム・シンのインド独立連盟組織を援助するため、布教精神を以って驚天動地の大活躍を展開した。一般民衆を相手に確固たる組織の基盤を構築することは、私の場合のように軍律厳しい将兵を取扱うのと異なり遥かに難しい仕事であった。しかし、少佐は職業軍人を背景としながらも、この種のタイプの仕事には、私の見受けたところ、全く適材適所、見事に調和していた。彼はダイナミックで魅惑的な個性と、難局に直面したインド民間人に対する同情的なアプローチによって、瞬く間に彼等の異常なまでの信頼を獲ち取り、日ならずして彼等は少佐を単に日本軍の一代表としてではなく、彼等自身の親類縁者の一人として遇するようになった。
 インド人は、マレイ、シンガポールの戦争罹災地全域において尊敬と信頼の念をもって遇され、強姦、殺人又はインド人所有の財産の略奪等、我々に通報された事件は皆無であった。この好ましい状態のすべては藤原少佐に負うものであって、インド系全住民は、彼がこの運動で果たしている役目に対し深甚の敬意を表していた。シンガポール陥落後、彼の任務は益々増大したが、彼は不退転の志と不屈の勤勉を以って激務を見事に遂行していた。三月中旬、我々が東京会談に出席する以前に彼は既にマレイ、シンガポールで非常な名声を博していた。当時、現地で特に知名度の高かった日本人は僅か二名であった。その一人は司令官山下大将で、他の一人は藤原少佐であった。少佐の高い評判と偉業は、日本軍部内一部で嫉妬心をかもしたが、これは当然と言えばその通りであった。現在山下大将の名は徐々に忘れられつつあるが、藤原少佐の名は、幾万のインド国民軍将兵と、インド独立連盟の会員及び日印運動の目撃者にして現存している数知れぬ人々の間で、未だに当然の敬意を以て愛情こまやかに記憶されている。
 一九四二年のなかば頃には、インド独立連盟は日本軍統轄下、全域に亘り正当に組織され、又インド国民軍は、軍律厳しく完全武装の愛国精神の旺盛な軍隊に改編されていた。万人の予想を超えて、このような強力な愛国勢力へと変貌したこれら運動の急速な発展は、日本の権威筋を大いに驚かした。(p361)