動員されて日本に残ったのは二百四十五人のみだった

『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』松木國俊

 終戦時、日本にいた朝鮮人の総数は約二百万人と推定されており、大部分が昭和二十一年末までに、日本政府が用意した帰還船で帰国しました。戦時動員されて終戦時、動員先の職場にいた約三十万人については優先的に帰国できる処置がなされ、そのほとんどがこの時に帰国しています。昭和三十四年七月十三日の朝日新聞は、当時、登録されている在日韓国・朝鮮人の人数は六十一万人であり、そのうち戦時動員で残っているものは僅かに二百四十五人であるとの外務省発表を報道しています。しかも、「現在日本に居住しているものは犯罪者を除き自由意思で在留したものである」と外務省は明言しています。(p116)