ニャー太郎のブログ

休止中。2020年11月13日。

大きなアイデアの不在

『サンデルの政治哲学』小林正弥

 サンデルが言うには、共和党候補のボブ・ドールが、減税という道徳的に無価値なただ一つの大きなアイデアを提起したのに対し、クリントンには大きなビジョンがなかった。具体的な良い政策は列挙されていたけれども、いずれも小さなアイデアに留まる。伝統的なコミュニティが侵食され、経済的のグローバル化が進んでいて、主権国家が衰退している。(p286)