アメリカの参戦

『世界資本主義Ⅰ』岩田弘

 但し、アメリカ資本主義は例外であった。アメリカが参戦したのは、第1次世界大戦の場合にも第2次世界大戦の場合にも、戦争の後半期であり、それまではヨーロッパ諸国の兵器廠や食料・原料・素材の供給基地として機能し、膨大な金準備や対外残高・債権を蓄積したからである。(p29)