カサブランカ会談

第八話 カサブランカ会談
http://www.t3.rim.or.jp/~miukun/pacific8.htm

 1943年1月、モロッコカサブランカで米英首脳を中心とする国際会議が開催されました。これは、既に勝利を確信した連合国が、戦後世界のアウトラインを引くために開催したものです。しかし、ここで最も留意すべきことは、枢軸国陣営に対して「無条件降伏」の要求がなされた点ではないでしょうか?

 「無条件降伏」という言葉は、歴史教科書には無造作に出てきますが、世界史的には極めて異例のタームです。無条件ということは、降伏した側は、何をされても文句を言えないということです。仮に、戦勝国によって「国民皆殺し」を命令されても、それを素直に受け入れなければならないのです。

 それ以前の戦争は、切りの良いところまで戦って戦局の行方がはっきりしたら、第三国に仲介を頼むなどして「講和会議」に持ち込むのが通例でした。そして、対戦国同士が綿密に話し合い、互いに条件を決めて仲直りするのです。

 しかし、第二次大戦では「無条件降伏」が要求されました。これでは、枢軸国は、余力があるかぎり戦いつづけるしかありません。枢軸国は、自らの政治的判断で、有利に戦争を止める道を完全に封じられてしまったのです。あの戦争が、日独両国が焦土となるまで続けられたのは、ヒトラーの狂気でも日本軍閥の愚かさでもありません。連合国が突きつけた理不尽な「無条件降伏」によるものなのです。

 実は、チャーチルは反対したようです。これ以上戦争を長引かせてしまっては、日独のみならずイギリスやフランス、中国といった国々が大いに疲弊し、戦後社会がアメリカの一人勝ちになってしまうからです。そして、これこそアメリカの狙いだったのでしょう。ルーズヴェルトが、他国の反対を押しきって、「無条件降伏」の要求を貫徹したのは、アメリカの野心によるものとしか考えられません。戦争が長引くことで有利になるのは、アメリカ一国なのですから。

 アメリカは、この戦争で空前の好景気に見舞われていました。今のIT景気など、及びもつかぬほどの好況でした。マクロ経済学に詳しい方なら、「財政支出による有効需要の創出効果」と言えばお分かりになると思いますが、軍需産業を中心とした実物経済が、笑いが止まらないくらいに儲かり、失業率も劇的に減少したのです。おまけに、日独が相手なら、アメリカ本土が攻撃される恐れは皆無です。そんな彼らが、おいそれと戦争をやめるはずがありません。