日本占領の管理方式

『昭和精神史 戦後篇』桶谷秀昭

 もちろん、日本占領の管理方式は、占領軍の直接統治ではなく、間接統治といふたてまへになつてゐる。指令の伝達形式も間接管理のかたちを取つてゐる。もちろん、間接統治が、占領軍の被占領国の協約実施に対して強制をともなふことはいふまでもない。しかしその強制は、被占領国の自主性を否定しない。
 しかし、聯合国の占領政策は、日本国家の権限の自主性を認めなかつた。(p13)