東部の状況

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第二部)
http://blog.livedoor.jp/dodard/archives/5098118.html

 東部でも状況は似たようなものだったとお考えですか?

 ドイツ人であるあなた自身が具体的な例をご存知なのでしたら、是非教えてください。

 大三帝国のど真ん中でのユダヤ人の日常生活が大戦を通してどのようなものであったのかを物語る素晴らしい資料があります。ドイツ人の方には是非この書物を読むことをお奨めします。ヴィクトール・クレンペラーの回想録です。私はドイツ語版、フランス語版、英語版をすべて持っていますよ。同じ本を異なるバージョンで読むのが好きなのです。
 この本に関しては、一番興味深いのはフランス語版です。他の二冊が1945年6月で終わっているのに対して、フランス語版は同年12月まで続いているうえ、1947年1月に書かれた手紙が付け足されています。この手紙の中で作者は明らかに戦後盛んになったプロパガンダの影響を受け、それまでは日々正確に日記に書きつけてきた実際の自分の体験について、噓や過剰な表現を重ねるようになっています。

 ユダヤ人のヴィクトール・クレンペラーアーリア人の女性と結婚し、ドレスデンに住んでいました。大変な反ナチスである彼は、そのための苦悩を日記に書き綴ります。例えばユダヤ人であるために黄色い星を身につけなければならなかったこと。何よりも彼を憤らせたのは、夜間外出禁止令に違反したため、1941年6月、八日間監禁される目に遭ったことでした。この八日間を彼はドレスデン警察署で過ごすことになったのですが、そこでの彼に対する扱いはきちんとしていたと書き残しています。
 日記を通じて彼は、通りや電車、店で出会うドイツ人達が、彼を迫害したり敵視したりするのとは程遠く、全体に気配りに満ち、親切であることを繰り返し強調しています。例えば食材屋のフォーゲルは、当時は貴重品だったコーヒーを彼のためにいつも取り置いてくれました。役人達は彼に愛想がよく、礼儀正しく振舞いました。

 ”行き交う人々は黄色い星をつけている人間に親近感を示すのだ。”

 また、「黄色い星のおかげで、良い目に遭うことが増えた」と彼は書いています。そしてこのように言っているのです。

 ”人々は明らかに、ユダヤ人が迫害されることに罪悪感を感じている。”

 それでいて彼は、ドイツ軍の散々な敗退やドイツへの空爆を喜び、それでもドイツ国民がまったくくじける様子のないことを残念がっています。タイプで打たれたおよそ五千ページに及ぶこの記録は、一般のドイツ市民がその反ユダヤ感情のために<ホロコースト>と呼ばれるものに協力したと主張するダニエル=ジョナー・ゴールドハーゲンの説を真っ向から否定しているのです。