韓国軍の大量虐殺の証拠を見つけた――写真でみる韓国軍の虐殺の跡

『韓国の大量虐殺事件を告発する』北岡俊明 北岡正敏

f:id:nyatarochan:20220121205237j:plain

f:id:nyatarochan:20220121205253j:plain

 巻頭のグラビア(壁画)、そして、全編の写真を見ていただきたい。
 これは、今回、我々がベトナムで発見した、「韓国軍によるベトナム人大量虐殺」の証拠写真である。この写真に写っているのは虐殺されたベトナム人犠牲者の慰霊碑である。驚くべき数の慰霊碑である。いかに韓国軍が、ベトナム全土で虐殺を繰り広げたか、その動かぬ証拠写真である。
 ベトナム戦争当時から、一部の人は知っていたが、ベトナム戦争の裏で、韓国軍による大量虐殺事件が起きていた。…
 その数、一万人から三万人である。筆者達の今回の調査だけで、一九ヶ所、約五〇〇〇人だった。アメリカ軍の罪を軽くするつもりはないが、アメリカはソンミ事件の一ヶ所、五〇四人である。…しかし、韓国は、ほっかむりし、あろうことか、正義の戦争だったと公言し、その殺戮場面を韓国国内で再現し、公開している。こんなことが許されて良いはずがない。国際法にもとづいて徹底的に究明し、弾劾されなければならない。
 虐殺だけではない。強姦、放火、略奪、殺戮、村を焦土とし、住民を焼き殺し、殲滅している。首をきり、手足を切断し、妊婦の腹を割いている。この原稿を書いていても、身震いするような残虐ぶりである。これはとてもじゃないが、人間のすることではない。鬼畜か、悪鬼の仕業である。こんなことが闇に葬られて良いわけがない。これは明々白々の戦争犯罪であり、人道に対する罪である。
 われわれは、韓国の戦争犯罪をきびしく糾弾するために、昨年と今年二回、ベトナムの中部五省を歩きまわり調査し、その証拠を数多く発見した。多くの虐殺地で、多くのベトナム人が「韓国軍は残虐だった」と証言した。両親を含む一家八人を惨殺され、たった一人の生き残りの男性は、「絶対に忘れない。復讐をしたい」とまで言いきった。
 そして、「日本人が来たのははじめてだ」と大歓迎された。虐殺から生き残ったベトナム人の顔を見ていると、三〇度を越える暑さの中、韓国に対する怒りと同時に、心の底からやりがいを感じた。(p16)