グノーシス主義―裏切り者のユダを美化する思想

『原典 ユダの福音書』ロドルフ・カッセル 他

 ユダとは、新約聖書に登場するイスカリオテのユダのことだ。『ユダの福音書』――そのタイトルからして衝撃的である。新約聖書の四つの福音書キリスト教の伝承では、ユダは極めつけの裏切り者とされている。イエスを裏切ってローマ帝国の官憲に売り渡した張本人だからだ。「イエスの良き知らせ」である福音書からは、最も遠い人物と言ってもいい。実際、『ルカによる福音書』には、悪魔がユダに入りこんで卑劣な行いをさせたと記されている。また『ヨハネによる福音書』では、イエス十二使徒の前で、ユダは悪魔だと名指ししている。新約聖書によると、ユダの末路はその行状にふさわしいものだった。イエスを裏切って報酬を受けとったあと、自ら首を吊ったか(『マタイによる福音書』)、体が真ん中から裂け、はらわたが出ておぞましい姿で死んだ(『使徒言行録』)という。キリスト教美術でも、ユダはイエスに口づけしながら陰で裏切るという、不名誉な姿でよく描かれている――いわゆるユダの接吻である。(p05)


 『ユダの福音書』に描かれるイスカリオテのユダは、裏切り者であると同時に、福音書のヒーローでもある。…『ユダの福音書』でも、ユダはイエスを裏切る。だが、それはイエスの要請だった。イエスはユダに「お前は真の私を包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを超える存在になるだろう」と語る。『ユダの福音書』によると、イエスが救済者なのは、いずれ滅びる肉体をまとっているからではなく、内なる魂、すなわち神性を現すことができるからだ。そしてイエスの真の居場所は、地上の不完全な世界ではなく、光と生命に満ちた天上の世界である。『ユダの福音書』に描かれるイエスにとって、死は悲劇ではないし、罪が許されるための必要悪でもない。
 『ユダの福音書』の中のイエスは、新約聖書の四福音書のイエスとちがってよく笑う。使徒たちの至らなさを笑い、人生の不条理を笑っている。そんな不条理な物質世界から退場できるのだから、死を恐れたり怖がったりすることはないのだ。死は悲しいものではない。イエスが肉体から解放され、天上の家に戻る手段である。そしてユダは、敬愛するイエスを裏切ることで、彼が肉体を捨て去り、内なる神聖な本質を自由にすることを手助けしている。(p07)